初摘み初しぼり!オーリオ ノヴェッロ 『モスト』 早摘み&初搾り 新物オリーブオイル 500ml

 

▲ イタリア食材【Con te コンテ】 TOP ▲

 

オリーブオイルのボジョレー・ヌーボー「オーリオ・ノヴェッロ」

L’Olio EXtra Vergine d’Oliva, non filtrato “il Mosto di Primoljo

オーガニック農園トンマーゾ・マシャントニオのオリーブ果実 “Olio Novello” 早摘みノヴェッロ

 シーズン最初の初摘みEXVオリーブオイル
毎年好評の 『モスト』 は年に一度の限定生産

 

 

 オリーブの収穫初期にあたる10月から12月初頭までの期間限定で、オリーブ畑より直送された早摘みの若いオリーブの果実をジュースのように搾る「新モノ EXVオリーブオイル」です。色鮮やかなグリーン、オリーブのジュースであるオイル分と果肉が渾然一体となった濃厚な風味、とろりとなめらかな口あたり、そして後味に残るひときわスパイシーな青さと辛み・・ 若々しいグリーンさが口の中で変わっていくニュアンス、味わいが楽しめます。

一年に一度、洗練されたリッチなオイルを、
優美なフォームのボトルに詰めた

収穫前 完全オーダー生産の限定商品です

 

モストとは、イタリア語で 「果実の搾り汁」

 

 若いオリーブの果実を、その名のとおりジュースのように搾った「早摘みオリーブ」のEXVオイル。 非加熱で圧搾(コールドプレス)し、フィルターにかけず、そのままボトルに詰めただけの限定生産のノヴェッロです。 シーズン最初に収穫するまだ熟しきっていないオリーブ果実より絞れるオイルの量は、同社コールドプレスのEXVオイルのおよそ40%ほど。つまり、通常の倍以上のオリーブを使用して作られた大変貴重な生搾りのオリーブオイルです。若々しいグリーンなオリーブの香りと風味、口の中で変わっていくニュアンス、味わいが楽しめます。

 

ご購入の前に必ずお読み下さい

 

◆ 収穫シーズン最初の早摘みオリーブのみを単独で搾り、瓶詰された年に一度の特別なオイルです。
(毎年、収穫前の完全オーダー生産のため、予定数量のみで終売となります。ご了承下さい)

◆ ノンフィルターオイルのため、ビンの底部にオリーブの細かい果肉が澱(おり)として沈殿します。
(時間が経過すると細かい果肉が沈みますので、澱がまざらないよう上澄みをお使い下さい)

 

品 名 エキストラ・バージン・オリーブオイル(ノヴェッロ)
生産者 プリムオルジョ PRIMORJO
製 法 コールドプレス/ノンフィルター
原産国 イタリア・プーリア州
原材料 食用オリーブ油
内容量 500ml (458g)
保存方法 直射日光を避け、冷暗所で保管して下さい
賞味期限 未定
モスト・ディ・プリムオルジョ

 

 

◆ 航空便による12月入荷の 『オーリオ・ノヴェッロ(Olio Novello)』 各種はこちら! ◆
(同じく限定生産のため、予定在庫の数量のみで完売となりますのでご了承下さい)

▼ ノヴェッロオイル “サンジュリアーノ” Olio Novello Sangiuliano
南イタリア・サルデーニャ島から、例年ひと足先に日本に届くフルーティな新物オリーヴオイル♪

 

▼ ノヴェッロ “トンマーゾ・マッシャントニオ” Olio Novello T. Masciantonio
人気No.1!グリーンオリーブでお馴染みのトンマーゾ・マシャントニオの新物ノヴェッロ!

 

 

 

 

【 Q & A 】 ノヴェッロ “Novello” って何??

―イタリア料理のコックでもある、食材屋シェフがご家庭のハテナ?にお答えします♪

イタリア食材・通販の専門店 【Con te コンテ】

 

コールドプレス : 石臼を使った非加熱の圧搾法によるフレッシュな一番搾りとなります 「ノヴェッロ」とはオリーブオイルのヌーヴォー。
フィルターはもちろん、自然静置による澱引きもほどこさず、
搾りたてをそのまま瓶詰めした完全無濾過のオイルです。

 

 オリーブの収穫は11月から翌年2月頃まで続きます。秋に最初の収穫シーズンを迎え、若々しい果実がまだ青いうちから早摘みすることをアーリーハーベスト(early harvest)と言います。

初摘みのオリーブのみで搾られるオイルなので、新しいオイルという意味で「オリオ・ノベッロ Olio Novello」と呼ばれます。 渋みや青みが特徴的で、産地や品種によってはピリピリするくらいの辛みのあるノヴェッロも。 また、抗酸化成分が豊富で、完熟前の緑色の果実から搾ったオイルは、酸化に強ことが特徴です。

早摘みのオイルがスパイシーなのに対し、晩熟のものはソフトでマイルド。通常販売されるオリーブ油は、収穫シーズン中に順次搾って貯蔵しておいたオイルを最終的にブレンドして仕上げるのですが、ノヴェッロは初摘みのオイルのみを単独で出荷されます。

グリーンオリーブ(イントッソ種) アブルッツォ土着のオリーブ品種

 

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル 新物ノベッロ

イタリアでは、毎年11月頃には初摘みのオーリオ・ノヴェッロが流通します
その希少な新物オイルの一部が、空輸で日本に届くのは最短で12月上旬

毎シーズンご好評を頂いている、こちらのプーリァ産ノヴェッロ 「モスト」は

例年、船便での輸入のため年を越しての入港です(1月中旬頃)

 

 

 


いわゆるアーリーハーベスト(早摘み)の果実のみから搾油・瓶詰されたノヴェッロオイルは、生産前のオーダーで予定本数が決まっているので、ボトリングされた分のみで終売となります。よって、日本に入ってきた分が無くなれば、もう再入荷はありません。来シーズン、つまり次の秋のオリーブ収穫まで楽しみに待つということになります。

そういう点からも、船便でのんびり海を渡ってくる「モスト」が、時期をずらして入ってくるのは良いかもしれません。
(12月に空輸で入荷する新物オイルたちは、ご予約なども含め、年内にはほとんど売れてしまうので)

 

【パスタレシピ】 野菜たっぷりのオルトラーナ(農家風) + 『オリオ・ノヴェッロ』

“Maccheroni all’Ortorana” con l’Olio Novello

 しぼり立て新物オイルの若々しい香り
調味料として春の食卓を彩ります!

【材料(2人前) ingredienti per 2 persone】

■マカロニ(ペンネ) ・・・ 140g~160g
■季節野菜 ・・・ 新じゃが 1個 、新玉葱、蓮根
芽キャベツ 2~3個 、スナップエンドウ、プチトマト
■にんにく 少々  ■パセリ  ■塩・コショウ
■粉チーズ(グラナパダーノor パルミジャーノ)
■ノヴェッロオイル 「モスト」 ・・・ 45ml + 仕上げ用

 

野菜たっぷりのパスタ オルトラーナ(農家風)

 

 

(1) 野菜をそれぞれ一口サイズに切ります。その間にパスタを茹でるためのお湯(1%の塩)をも沸かしましょう。

(2) 大きめのボールにニンニクをこすり、半分くらいにカットしたプチトマトと新物オイルを入れておきます。

(3) ショートパスタを茹で始めます。このレシピではペンネを使用。(ゆで時間8分ほどのもの)

(4) パスタを茹で始めて3分ほど経過したら、新じゃが、蓮根(かための根菜類)などをパスタ湯に投入!

(5) さらに、6分ほど経過したら、新玉ネギ、スナップエンドウ、芽キャベツ等(やわらかめの野菜)を投入!

(6) 茹であがったパスタと野菜をザルにとり、用意しておいたボールに入れてよく和えます。(乳化させる)

(7) 皿に盛り、仕上げにチーズ、黒コショウ、新物オイル(ノヴェッロ)をお好みでたっぷりたらして出来上がり♪

 

 

イタリア料理のレシピ&作り方をご紹介! 「パスタ感覚 イタリア系」
 

イタリア食材・通販の専門店 【Con te コンテ】 ―あの透明の、丸いビンのオリーブオイル、いつ入りますか?

・・と、毎年ノヴェッロの季節を迎えると沢山の問合せを頂きます。サルデーニャアブルッツォの新物オイルは、12月中には届きます。それらは航空便での輸入のため、わずか1ヶ月で空を飛んでここ日本にやってきます。その点でモストは、船便で月日をかけてゆっくり到着します♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。