買い物カゴをみる 会員登録・ログイン お買い物の方法 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
イタリア食材 通信販売 Con te コンテ
 代金引換 宅急便コレクト ネットショップ 通信販売 輸入食品 銀行振込 通信販売 輸入食品 イタリア食材 オンラインショップ ゆうちょ銀行 郵便振替 通信販売 輸入食品 イタリア食材 オンラインショップ クレジットカード決済可能 通信販売 輸入食品 イタリア食材 オンラインショップ ヤマト運輸 くろねこヤマト宅急便 

ショップコンセプト・お店について

■ ピアチェーレ!(はじめまして) イタリア食材の専門店 【Con te コンテ】 です

イタリア食材店コンテ(Con te) スタッフ紹介

 はじめまして! イタリア食材店 【Con te コンテ】 代表の馬場と申します。
 このたびは当オンライン・ショップにご来店いただき誠にありがとうございます。

 イタリア食文化への深い愛着と関心から、2008年4月より、オンライン通販を中心にイタリア食材の販売業務を夫婦二人で行っております。 まずここでは、私たち 【Con te コンテ】 の成り立ちについてお話したいと思います。 どうぞ宜しくお願いします!


  ―「本当においしいイタリア食材をご家庭に届けたい」

    そんな思いから、私たちはイタリア食材店 【Con te コンテ】 をはじめました。
     『Con te コンテ』 とはイタリア語で 「君と共に」 という意味です。
      お店を通じて、たくさんの方々との時間や繋がりを大切にしようと考えました。

                                    Con te代表 馬場 達也


■ クオーコ(料理人)がネットショップを始めた理由(ワケ)  〜 【Con te コンテ】 の開業〜

【 2008年4月 イタリア食材店(Webショップ) 開業 】

 店主28歳の春、コックとして調理場で料理を作っていた馬場は唐突に『イタリア食材』の取り扱いを思い立つ。
当時、かつてないユーロ高や原油高騰、小麦をはじめとした世界的な農作物の不作などの影響により、特に輸入食材の価格上昇が多くの飲食店にも少なからずの影を落としていました。 逆風の時代の到来を予感・・。

   『素材が無くなったらイタリア料理ができないじゃないか!!』


 日本におけるイタリア料理の最盛期とも言える90年代の後半、僕はまだ10代でしたがイタリアの食と文化に魅せられ、いつかは自分のイタリアン・レストランを開きたいと夢みて調理師の道を歩み始めていました。 当時、ブームも手伝ってか、都市部を中心にイタリアンが上昇傾向にあったので、多彩なイタリア食材やワインが次々と発掘され輸入されていました。 レストランに携わる者としても、ひじょうに面白い時代だったと思います。

 しかし、流行は下火となり景気も上向かず、(もちろんある程度は仕方ないのですが)パスタもオリーブオイル、ワインもしだいに値上がっていきます。 と同時に、輸入が終了してしまう食材等も相次ぎます。 もしこのまま、イタリアの食品が手に取りにくい『特別なもの』となってしまったら、ご家庭の食卓での関心が薄まってしまったら、それは日本のイタリア料理全体にとってマイナスになってしまうかもしれません―  そう思いました。


 何かしらの形で行動しなくては、イタリア料理の懸け橋の一つにならなければ・・

 そんな思いが煮詰まって、さほどの影響力や発言力も持ち合わせていない若輩の一個人でも出来ることを考えた末、自分たちプロの料理人も使っているレストラン仕様の良質なイタリア食材を、幅広く一般のご家庭にも紹介することを思い立ちました。 その販路としてWebショップを選んだのは、やはり広く全国に発信できるからです。


 ―イタリア料理は、素材を愛する郷土料理です。

 情熱と愛着をもって、イタリアの食の素晴らしさを、この仕事を通じて皆さんにお伝えしていく所存です。
外国の食材を扱うことは、『文化活動』でもあると思っています。 もちろん食だけにとどまらず、多彩な側面を持ち合わせるイタリアという魅力的な国の文化に、ライフワークとしても生涯を通じて携わっていくことが目標です。



【 イタリア食材の専門店としての理念・目的・活動 】

 1) 良質で、安心、そして美味しいイタリア食材を、一般家庭の食卓までお届けする業務。
    『文化活動』としての側面も捉え、食を通じてイタリア料理への関心を深めて頂ければ幸いです!

 2) 地域における、地元の飲食店との密なコミュニケーションと応対。
    小回りのきく個人店としてのメリットを活かし、過剰在庫やロスを軽減、材料の質向上に。

 3) コミュニティーを通じて、様々な文化活動に関わっていくこと。 ネットワークの構築。
    レストラン間の情報交換や交流、文化講座や料理教室、イベントへの積極的な参加 etc.

イタリア料理教室&イタリア食材販売会

ページトップへ