買い物カゴをみる 会員登録・ログイン お買い物の方法 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
イタリア食材 通信販売 Con te コンテ
 代金引換 宅急便コレクト ネットショップ 通信販売 輸入食品 銀行振込 通信販売 輸入食品 イタリア食材 オンラインショップ ゆうちょ銀行 郵便振替 通信販売 輸入食品 イタリア食材 オンラインショップ クレジットカード決済可能 通信販売 輸入食品 イタリア食材 オンラインショップ ヤマト運輸 くろねこヤマト宅急便 

お客様の声

生グアンチャーレ (豚ほほ肉をコロンナータ大理石槽で生熟成!) 約624g ※不定貫※ ▼全ての商品の評価を見る

星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 4.8 (5件)

並び順:
1件〜5件 (全5件)

おすすめ度 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ ゆず様 2017-07-13 11:36:45
趣味でイタリア料理にはまっている単身赴任男です(笑)
本格的なアマトリチャーナを作りたくてブカティーニと一緒に
おもいきってグアンチャーレひとかたまり買いました!
すばらしくウマイですね、、ひとりで食べきってしまいそうでコワイw

おすすめ度 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ しのづか様 2017-07-13 11:19:24
とてもおいしい。じっくり炒めるとかなりの量の脂が出てくるがこれが美味い。パンチェッタの代用に購入したが別物と言えるでしょう(良い意味で)

おすすめ度 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ SARASA様 2017-07-12 08:35:47
とにかくおいしいカルボナーラを作りたくて検索していたところConteさんにたどり着きました。脂の良い香りもパスタ全体に行き渡りとにかくおいしいカルボナーラが出来て、家族からも大絶賛!私の株が上がりました!レシピブログも助かりました!

おすすめ度 星1つ星1つ星1つ星1つ星なし カッチ様 2013-05-13 22:35:12
貴店のグアンチャーレは、他のグアンチャーレより脂身がくどくなくて、使いやすいと思います。参考に今回作ったレシピを紹介します。

メッツェマニケ・アッラ・グリーチャ

1 グアンチャーレを厚めの短冊切りにする。
2 フライパンにオリーブオイル(1Lビンで3回し)を入れ、火を点ける。
3 メッツェマニケを茹でる。(4人分、1箱、500g)
4 フライパンにグアンチャーレを入れる。
5 玉ねぎ1/2個を1cmの厚さに切り、3個程度に切り分ける。
6 フライパンに玉ねぎを入れ、中火で加熱する。
7 茹でたメッツェマニケをフライパンに入れる。
8 ペコリーノ・ロマーノを大さじ4杯程度入れて混ぜる。

カルボナーラ

1 パスタを茹でる。
2 ボウルに割った卵を入れる。
3 ボウルにペコリーノ・ロマーノを大さじ2杯程度入れる。
4 ボウルにコショウ小さじ1杯半程度入れて、かき混ぜる。
5 フライハンにオリーブオイルを大さじ1杯程度入れ、グアンチャーレをカリカリになるまで炒める。
6 炒めたグアンチャーレは、皿に空けておく。
7 グアンチャーレをフライパンに戻し、温める。
8 茹で上げたパスタをボウルに入れて、混ぜる。
9 グアンチャーレを入れてさらにかき混ぜて完成。
お店からのコメント
2013-05-24
カッチ様

当店お勧めのグアンチャーレをお試し頂きありがとうございます!

ご投稿頂いたお料理のレシピも、サイトをご覧になる多くの方々に
きっと参考になることと思います。感謝いたします(*^-^*)

カルボナーラはもちろん、前述のメッツェマニケのような
シンプルな味付けもグアンチャーレの旨味と香りが
ググッと引き立ち、美味しいでしょうね!
ペコリーノ・ロマーノとの相性はぜったいイケます♪


ご感想の通り、脂身の質がスッキリしていることが、
コロンナータ・ラルド同様の独自製法 『大理石槽熟成』の賜物です。

この大理石は高濃度の炭酸カルシウムの結晶によって構成され、
ミクロの孔があり、酸素やイオンを自然に循環させるとのこと。
そして、内部の酸度とアルカリ度を最良に保つという効能があるそうです。

脂肪としては植物性に近いらしく、
生食でも驚くほど口溶けが良いことが特徴です(*^^)v

おすすめ度 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ HISAMA様 2013-01-14 01:47:42
ホントに旨い脂と言う一言に尽きます。
届いたその日にさっそくカルボナーラを作ったのですが、ホントにびっくりするくらい脂が出ます。油を引いてないアルミパンでくっつかないレベルに出ます。こりゃ胃にもたれるかなと心配しながら食べるとこれが全く嫌な油じゃないんです。むしろ香草の風味で爽やかなくらい。
コンテさんのブログに書かれていますが、皮の部分は硬いので注意。
これでカルボナーラを作るとベーコンじゃ物足りなくなるかも…と言うかなります(笑)
お店からのコメント
2013-01-21
HISAMA様

絶賛のお言葉をありがとうございます!

グアンチャーレ(豚ほほ)はバラ肉以上に脂身の厚く、
いわゆるトントロなのですが、脂に甘みのある良質な部位です。

おっしゃる通り、不思議なことに重くないんですよね!
脂自体の質もありますが、ラルド同様の大理石槽熟成がポイントです)
(そして、フライパンに油を引かずに焼き始めた方がいいですね。
皮の部分はあらかじめ取ってしまって、スープやカレーなどに入れて、
じっくり煮込むと旨味の効いたダシがでますよ♪
1件〜5件 (全5件)
review guaranteed by Estore

ページトップへ