買い物カゴをみる 会員登録・ログイン お買い物の方法 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 
ゆうちょ銀行 郵便振替 通信販売 輸入食品 イタリア食材 オンラインショップ銀行振込 通信販売 輸入食品 イタリア食材 オンラインショップ  安心クレジットカード買い物 クレジットカード決済可能 通信販売 輸入食品 イタリア食材 オンラインショップ 

【アンチョビ業務用】 アンチョビフィレ・オイル漬け(ひまわり油) 業務用サイズ 710g

▲ イタリア食材の専門店 【Con te コンテ】 TOPページ ▲



アンチョビーとキャベツのパスタ : レシピ・作り方・使い方



老舗食材店 『Rocca ロッカ』 の作るアンチョビ

 Filetti di Acciughe in olio di girasole
  業務用アンチョビーフィレ・オイル漬け(ひまわり油)


 アンチョビ業務用サイズで、ご家庭でも思う存分にアンチョビパスタを楽しめますね♪ アンチョビの味の決め手は『旨み』ですが、もちろん生臭みを感じないことが大切です。これはイワシの質と鮮度、迅速で適切な処理によるもの。熟成された旨味がしっかりと感じられ、バーニャカウダソースやピザ、アンチョビキャベツ等のパスタレシピにも大活躍の基礎イタリア食材!


■ お客様の声

おすすめ度  星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ もかぞう様 2011-10-18
味・品質・コストパフォーマンスすべてに優れたアンチョビです。缶・瓶などたくさんの商品を試してきましたが、どれよりも美味しい。アンチョビ好きな方はもちろん、あまり好きでない方も是非試してみてください。お店のご対応も素晴らしかったです。
おすすめ度  星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ unakitchen様 2010-10-09
前回購入したアンチョビが美味しかったため、料理教室で作るバーニャカウダ用として今回は業務用サイズを購入させていただきました。

オリーブオイルに浸かっていないという点をのぞけば、味わい、塩梅、香りは変わりなく美味しくて、ニンニクたっぷりで作ったバーニャカウダにベストマッチ!

今後も使わせて頂きたい逸品になりました。
業務用サイズなので割安でお得感があるのも嬉しいです。

【アンチョビ業務用】 アンチョビフィレ・オイル漬け(ひまわり油) 業務用サイズ 710g

価格:

5,480円 (税込)

購入数:

在庫

5個

返品期限・条件 返品・交換についての規約
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (2件)

業務用アンチョビフィレ・オイル漬け(ひまわり油) 徳用サイズの大瓶710gなのでたっぷり使えます。
パスタやピザにたっぷり使いたい方に、バーニャカウダソース作りに挑戦する方に!



ご購入の前に必ずお読み下さい

 ※ こちらは様々な料理の用途に使うレストラン向けの前提なので、オイルはクセのないひまわり油です。

 ※ オイル分が気化し、ビンの外側に浸み出していることが時折ありますが、品質に問題ございません。
   (ラベルや瓶のわずかなオイル染みは、オイル漬けという性質上の為、どうかご理解下さいませ)

 ※ オイル漬けの食材は長期保存の為の伝統的な保存食ですが、開封後は冷蔵庫に入れて下さい。
   (アンチョビはオイルに漬かってる状態にし、必要ならオリーブオイルを少し足しましょう)



▼ ROCCA アンチョビフィレ オイル漬け(業務用サイズ)
  Filetti di Acciughe in olio di girasole

品名アンチョビフィレ オイル漬け(ひまわり油)
生産者ロッカ社 ROCCA
生産地イタリア・ロンバルディア州
原材料アンチョビフィレ、ひまわり油、塩
内容量710g
保存方法直射日光をさけ冷暗所に保存(※開封後は冷蔵)
賞味期限
Best-before
2018年 08月 31日
「賞味期限」は「消費期限」と異なり、その期限を過ぎても食べられます ( 【参考】 農林水産省:食品の期限表示について







アンチョビを使ったパスタ料理 レシピ&作り方 ★当店レシピblogでご紹介★

アンチョビとキャベツのスパゲッティ作り方・レシピ  スパゲティ・プッタネスカ(娼婦風パスタ)作り方・レシピ  プーリア風スパゲティ(プリエーゼ)作り方・レシピ
アンチョビ・キャベツのパスタ 作り方   プッタネスカ風パスタ 作り方     プーリア風パスタ 作り方


(※ 業務用は様々な料理の用途に使うレストラン向けの前提なので、オイルはクセのないひまわり油です)



アルプスの麓で地下熟成される シチリア産アンチョビ  ― 和食にも!?

 「ロッカ Rocca」のアンチョビーは、イタリアでも最も良いとされているシチリアの漁場のカタクチイワシを使用しています。風味の良いアンチョビーにするため、水揚げされた後すぐに塩蔵し、スイス国境に近い貯蔵庫に迅速に運ばれます。

― コモ湖の北、まさにアルプスの麓でアンチョビ作り??
 ちょっと首をかしげる話ですが、その冷涼な環境が一役買ってます。アンチョビを熟成させる地下のカンティーナは、自然の状態で常に通年8〜10℃に保たれているため、安定した熟成が可能なのです。
シチリアで水揚げされた新鮮なアンチョビを加工


和食にもピッタリのアンチョビ
 高感度の味覚センサーをお持ちの店長Yumico氏がブログでも書いてますが、日本酒との相性も抜群!
  【 Con teブログ | アンチョビと日本酒

 あれこれ料理に使うとなると、なかなか二の足を踏みがちな食材はアンチョビにかぎらず、ドライトマトだったり、バルサミコ酢だったり・・。美味しくて高級な素材をついつい過保護(後生大事)にしてしまう、その気持ちはよく分かりますが・・ やはり 成仏させるのが一番! と思うのです。

使い方で「う〜ん」て悩んじゃうより、「わぁ、こんなことしちゃっていいの?」 というくらい満喫しましょう♪
おもいっきり贅沢していいんです! パンに挟んじゃっていいんです! ご飯にのっけてもいいんです!




【 Q & A 】 アンチョビ開封後の保存方法はどうするの??

  ―イタリア料理のコックでもある、食材屋シェフがご家庭のハテナ?にお答えします♪
イタリア食材・通販の専門店 【Con te コンテ】

アンチョビフィレのエキストラバージンオリーブオイル漬け  よくご質問をいただくアンチョビの保存方法ですが、基本的に、アンチョビの身がちゃんとオイルに浸ってればOKです。あとはキッチリとフタをして冷蔵庫に入れておけば大丈夫。(そもそもアンチョビは、保存食として生まれた塩蔵・オイル漬けなので傷みにくいのです)

ただし、保存環境が悪いと劣化するので要注意!
アンチョビ同様、ほとんどの食材が苦手とするのは、

  『 熱 』 『 空気 』 『 光 』

 つまり 「酸化=劣化」 なので、お料理するときには使う分だけ出してすぐしまう。それが大切です。
それが良い状態を長持ちさせるコツですね。ついつい火を使ってるコンロの脇に置きっぱなしにすると、やっぱり美味しさの寿命はみるみる縮んでしまいます。特にご家庭では調味料などは回転しにくいですから、1〜3ヶ月の期間で楽しむにはマメなお世話が大切です。(もちろん、美味しい内にドンドン食して頂くのが推奨。せっかくですからね!)
たとえば、オイルが減って液面が下がったら、オリーブオイルやサラダ油を足してアンチョビが漬かるように♪





歴史ある正真正銘のブランド 『ROCCA ロッカ』 アンチョビ−

 創立者「ロッカ・ルイージ Rocca Luigi」は、故郷リグーリアで、食品加工の経験を積んだ後、1870年にポルチーニ茸の豊富なヴァルテッリーナ(ロンバルディア州)に移り、事業を始めました。イタリアにおける食品の工業の中でも長い歴史を誇る作り手のひとつです。 その後ルイージは、海外へ移住した仲間達からの依頼に応え、イタリア国内の市場だけでなく、海外の市場をも満足させる製品を提供しはじめます。

 現在、130年間にわたり受け継がれるロッカの食材は、かつてイタリアの王室の御用達でもあり、その歴史ある商標には王家の紋章がついています。代々の古いレシピに基づく伝統的な製品は今もなお手作りで、イタリアはもとより、多数の品質証明書と賞を得て海外でも評価されています。
アンチョビ ROCCA


アンチョビ通販 : Rocca Luigi e figli ロッカ・ルイージ・エ・フィーリ
1870年創業 歴史あるブランド 『Rocca Luigi e Figli (ロッカ・ルイージと息子達)』




イタリア食材・通販の専門店 【Con te コンテ】 バーニャカウダソース作りにチャレンジするお料理好きの方も増えてますね!
温野菜スティックに、アンチョビの旨味たっぷりのバーニャカウダソースを付けながら食べるピエモンテ料理は、ヘルシーなイタリアン前菜としてレストランでもとても人気です。
色々なレシピ&作り方がネット上でも紹介されているので、ぜひ挑戦してみて下さいね!